100%確実に出会いがあって京都市で人妻セフレができる出会い系!!

京都市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、

手のひらにちょうど収まるお椀型のおっぱい☆
お寿司をご馳走した後、

京都市でご飯を食べて、ラブホに行った時、

若さの象徴ピチピチ、すべすべは肌はとてもさわり心地が最高です。
セフレの肌に触ると、肌がスベスベしていて気持ちいい!!
優しく弄られてしまうと瞬く間にアソコがジンジンしてしまいます。
リズミカルな動きと献身的な態度にあえなく発射。
クンニや指入れも感度よく、中はぐちょぐちょになってイっていました。
指をいれてGスポットを刺激するとだんだんと濡れてきて、ビチョビチョになっちゃいました。

譲位で直近の光格天皇に注目 京都で文化財公開

 天皇陛下の譲位を30日に控え、最後に生前退位した江戸中期の光格(こうかく)天皇(1771~1840年)に注目が集まっている。仮御所として使用された宸殿(しんでん)がある聖護院(しょうごいん、京都市左京区)など、光格天皇ゆかりの寺院4カ所で26日から、非公開の文化財が特別公開される。光格天皇が彫った仏像や直筆の書(複製)を間近で見学できる機会で、主催者は「皇室の歴史に思いをはせてほしい」と話す。

 聖護院は本山修験宗(しゅげんしゅう)の総本山で、皇族や摂関家が出家する門跡寺院。江戸中期創建の宸殿は、天明8(1788)年の「天明の大火」で御所が焼失し、再建までの3年間、光格天皇の仮御所だった。

 公開されるのは、光格天皇作の阿弥陀如来立像(高さ10・5センチ)。遺品として受け継いだ女官の死後、聖護院に委嘱されたという箱書きも存在する。また、光格天皇直筆の「宸筆諡号勅書(しごうちょくしょ)」(重要文化財)の複製も見学できる。

 光格天皇は、慶光天皇の第6皇子。門跡として聖護院を継ぐことが決まっていたが、後桃園(ごももぞの)天皇の崩御により同天皇の皇女に入婿する形で9歳で即位した。

 宝鏡寺(上京区)では、光格天皇作の別の阿弥陀如来立像も公開される。

 また、御寺(みてら)と称され、唯一の皇室の菩提(ぼだい)所として皇室と深い関わりを持つ泉涌寺(せんにゅうじ、東山区)では、光格天皇の御影(縦81・5センチ、横40・5センチ)を公開。立烏帽子(たてえぼし)に素絹直衣(そけんのうし)を装着した上皇の姿で描かれている。

 ほかに、代々皇女が入寺した尼門跡寺院で、光格天皇から「常磐(ときわ)御所」の称号を受けた光照院本堂(上京区)も公開される。

 これら4カ所のほか、皇室ゆかりの16寺社も特別公開に参加する。

 5月6日まで。問い合わせは京都古文化保存協会(075・754・0120)。

新しいファイル