羽曳野市人妻セフレと性欲解消

羽曳野市の近くに住んでいる人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
あまりの美しさに思わず緊張してしまい、一緒にいるだけで優越感に浸れる程です。
イオンに行った後、

羽曳野市のいつも行くラブホテルに行った時、

濡れやすく敏感な身体のため、いっぱい責めました!
「あたしピル飲んでるから中に出していいよ」と言ってくれた。
片手では揉みきれないほどボリューム満点の爆乳!!
キス、可愛い乳首、秘境を手と口で愛撫。
フェラを堪能しセフレに誘われるまま騎乗位へ。
対面騎乗位、騎乗位、正常位と体位を変えて、最後は正常位で発射。

長原遺跡の出土品・さまざまな埴輪から知る、古代大阪の展覧会

大阪市内の大規模な遺跡「長原遺跡」(大阪市平野区)に着目した展覧会が、1月26日より「大阪歴史博物館」(大阪市中央区)でおこなわれる。【写真】全長が128.7cmもあり、8人以上で操船する大型船の姿をリアルに表現した船形埴輪大阪の古代遺跡といえば、堺市や羽曳野市の巨大な前方後円墳が有名だが、長原遺跡も大規模なもの。発掘調査は昭和49年(1974)から始まった。その結果、200基を超す規模の古墳群や多彩なモノ作りを行った集落(居住域)の存在が明らかに。本展では墓葬・生活・生産に注目し、約450点の資料で大阪の古墳時代を振りかえる。

第1章では長原古墳群を特徴づける形象埴輪や円筒埴輪を一堂に展覧。国指定重要文化財に指定されている「船形埴輪」を中心に、近畿地方で出土した主な船形埴輪も展示する。第2章では古墳時代中期から後期(4世紀後半~6世紀)に形成された長原遺跡の全貌を4期に分けて紹介。第3章では古墳群に葬られた人々が暮らした集落跡としての長原遺跡を紹介する。

大阪の歴史は豊臣秀吉が大坂城を築いた近世以降がクローズアップされがちだが、実は古代にも豊かな文化が広がっていた。本展を通してその実相を確認して。期間は3月17日まで、料金は大人1000円。

文/小吹隆文(美術ライター)

新しいファイル