箕面市 セフレ 色白&細身

箕面市在住の僕の人妻セフレは、
20代後半のカワイイ系。
20代前半、標準的なスタイルの笑顔もかわいい子。
海に行って散歩をした後、

箕面市のラブホテルに入った時、

「こんな子とHしたらどんなになるのかな」って。
下の方を触るとまだまだ潤っています。
電マで責めた時にはイク!イク!イク!の連続!!
そっと舌でペロッとするとビクッと体が跳ね、大きな声が漏れ響きます。
かなりネットリとしたフェラから、ジワジワと早くなりガマンできなくなり挿入して正常位で発射!
潮吹きもできました!

たこ虹、夏の恒例フェスで「No Rain, No Rainbow」雨と放水で大阪野音に虹かける

たこやきレインボーが企画する夏の恒例ライブイベント「オオサカアイドルフェスティバル」が、昨日8月25日に大阪・大阪城音楽堂で開催された。【写真】「オオサカアイドルフェスティバル2019」の様子。(メディアギャラリー他94件)2014年夏、たこ虹が「大阪を代表するアイドルが一堂に会する夏フェス」としてスタートさせた「オオサカアイドルフェスティバル」通称“OIF”。毎回たこ虹のメンバーにそっくりな個性あふれるアーティストが集い、たこ虹はヘッドライナーとしてライブを行っている。ウォーターキャノンや水鉄砲を使った夏らしい演出も「OIF」の魅力の1つだが、昨日の大阪市内はイベントが行われた夕方から夜にかけて局地的な大雨に。出演者も虹家族(たこやきレインボーファンの呼称)もずぶ濡れになりながら特別な夏の一夜を楽しんだ。

「OIF2019」のオープニングアクトを務めたのは、世界文化遺産登録が決定した百舌鳥・古市古墳群の49基の古墳と堺市の魅力を伝えるアイドル・SKI49。たこ虹にそっくりな5人とダンス強豪校・同志社香里高校のダンス部OG、堺市役所に勤めている公務員だと思い込んでいる百舌鳥・古市古墳群PRキャラクターのハニワ課長からなるSKI49は、たこ虹の「なにわのはにわ」、DAPUMPの大ヒット曲にそっくりな「S.K.I.」を披露した。SKI49が華やかなオープニングアクトを終えると、「OIF2019」司会の吉本新喜劇・石田靖とアシスタントの窪田涼子がステージへ。石田はたこ虹と共にテレビ大阪の番組「おでかけ発見バラエティかがくdeムチャミタス!」にレギュラー共演しており、窪田も同番組もナレーションを務めているという縁から、今回は2人がMCとなってイベントを進行した。石田は冒頭から「テープは回っていませんね」と時事ネタでつかみ、流暢なトークで虹家族をなごませる。ハニワ課長による百舌鳥・古市古墳群のPRを挟み、いよいよ「OIF」本編へ。まずはアーティストとして、兵庫県たつの市から“来日”したお騒がせ2人組ユニット・t.A.T.s.uが呼び込まれた。

たこ虹の清井咲希と堀くるみにそっくりなt.A.T.s.uのTOMOKAと姫は、腕を組みけだるそうに兵庫の手延素麺「揖保乃糸」を手に登場。2人は石田のツッコミをのらりくらりとかわし、同志社香里高校OGをバックダンサーに従えてグリー・キャストの「Telephone」を歌い、クールなダンスで観客を魅了した。続いて登場したのは、ワンレン・ボディコンのバブリーなスタイルながら彩木咲良にそっくりな森高千里(もりたかせんり)。かつて千里セルシーのイメージキャラクターを務めていたと自称する大阪・箕面市生まれ61歳の森高は、孫の「ちさと」を抱きかかえたまま上品な語り口で自己紹介し、スターダスト大阪営業所女子部に所属するブレイクタイムガールズの入江美沙希と松元寧音をバックに従えて森高千里のヒット曲「私がオバさんになっても」を披露した。

3組目のゲスト・ネギシは根岸可蓮にそっくりなソロアーティスト。レキシ「狩りから稲作へ」に乗せ、大量のネギを抱えて登場したネギシは、ネギに耳を傾け、ネギの声を聞きながら作詞作曲を行っているという。ネギシがネギを抱えたままDAOKO×米津玄師「打上花火」を歌うと場内は緑のペンライト一色に染まり、一面ネギ畑のような光景が広がった。続いてのゲスト・堺和泉(さかいいずみ)は、ZARDの坂井泉水に憧れて歌手を目指したソロアーティスト。春名真依にそっくりな堺はこれが初ステージで、引っ込み思案な彼女はモジモジしながら現れたかと思うと、すぐに舞台袖へと引き返してしまう。どうにかスタンバイが整ったところで、堺は「自分に負けないようにがんばります」と宣言すると、敬愛するZARDのヒットナンバー「負けないで」を歌唱。すると会場には突然謎のランナーが登場し、なぜかステージ上に用意されたゴールテープに向かって懸命の走りを見せた。折しも同日に東京で生放送されていた「24時間テレビ」のような展開となり、石田はすべての虹家族の思いを代弁するかのように「誰やねんあれ。ただの関西のおっさんやないか」と鋭くツッコんだ。

「OIF」恒例の奇妙なラジオCMを経て、いよいよヘッドライナー・たこやきレインボーの出番。徐々に雨脚が強まる中、たこ虹が「ナナイロダンス」でライブをスタートさせると、ステージ両脇のウォーターキャノンから強烈な水しぶきがダメ押しのように降り注ぐ。続けて「ウエッサイ・ストーリー」「絶唱!なにわで生まれた少女たち」と冒頭からアッパーな楽曲を畳みかけた5人は、アイドルフェスの大トリということで1人ずつ「長めの自己紹介」を行い、かわいらしく個性をアピールした。客席中央には前方後円墳をかたどった鍵穴のような形のサブステージが設置されており、たこ虹は「サンデーディスカバリー」「たこ虹物語~オーバー・ザ・関ケ原~」「サマーゴーランド」「踊れ!青春カルナバル」「めっちゃPUNK」など新旧織り交ぜた楽曲を歌いながら、ときにサブステージへと飛び出し、放水銃や水鉄砲を手に容赦なく虹家族に水を浴びせた。

ライブ後半、ステージにはこの日さまざまな場面で一緒にライブを盛り上げてきた同志社香里高校OGが呼び込まれた。出演したダンス部OGはまだ在学中だった今年3月、読売テレビで放送された音楽番組「音力~ONCHIKA~」でたこ虹とコラボレーションし、大阪・寝屋川市のプロモーションを行った。OGとなってたこ虹と再会したダンス部は、5人と共に「疾風」をパフォーマンス。たこ虹のフォーメーションに切れ味鋭いダンスが加わり、夜の帳に浮かび上がるステージに美しいシルエットを作り上げた。さらにラストナンバー「シャナナ☆」では、たこ虹が“公認セレ女”を務めるサッカーチーム・セレッソ大阪のマスコットキャラクター、マダム・ロビーナがステージへ。同志社香里高校OGもユニフォーム姿で登場し、みんなで肩を組んでピースフルにステージを終えた。

アンコールを受けて再度ステージに上がったたこ虹は、地元愛のつまったナンバー「たのしかしまし大阪~おいでやす~」を披露した。続く「SuperSpark」ではメンバー5人が白いペンライトを光らせ、客席も白いペンライト一色に。照明に照らされる雨とペンライトの光が美しい光景を作り出した。5人はここでスクリーン映像を使い、ワンマンライブ「なんわンダーランド2019」を12月15日に東京・中野サンプラザホールで行うこと、実際にゲストを招いて行うたこ虹主催のアイドルイベント「西日本アイドルフェスティバル2019」を大晦日に開催すること、そして10月23日にメジャー5枚目となるニューシングル(タイトル未定)をリリースすることを発表した。うれしい報告の連続に大きな歓声が上がる中、5人はこの日の共演者たちを呼び込み、最後にもう1曲「RAINBOW~私は私やねんから~」をパフォーマンス。司会の石田は、日本中でこの日この時間に大阪だけ雨が降っていたことを指摘し、「『NoRain,NoRainbow』です。雨がないと虹が見れません。あなたたち、大正解でございます」と悪天候の中およそ2時間半のステージを笑顔でこなしたたこ虹の5人を讃えた。

■オオサカアイドルフェスティバル2019

2019年8月25日大阪城音楽堂セットリスト

□オープニングアクト:SKI49

01.なにわのはにわ

02.S.K.I.

□オオサカアイドルパート

01.Telephone/t.A.T.s.u

02.私がオバさんになっても/森高千里(せんり)

03.打上花火/ネギシ

04.負けないで/堺和泉

□たこやきレインボー

01.ナナイロダンス

02.ウエッサイ・ストーリー

03.絶唱!なにわで生まれた少女たち(CLUBRAINBOWver.)

04.サンデーディスカバリー

05.WhoopItUp!

06.たこ虹物語~オーバー・ザ・関ケ原~

07.サマーゴーランド

08.踊れ!青春カルナバル

09.まねー!!マネー!?Money!!

10.めっちゃPUNK

11.疾風

12.ほなまたねサマー

13.シャナナ☆

<アンコール>

14.たのしかしまし大阪~おいでやす~

15.SuperSpark

16.RAINBOW~私は私やねんから~

■たこやきレインボー「なにわンダーランド2019」

2019年12月15日(日)東京都中野サンプラザホール

■たこやきレインボーpresents「西日本アイドルフェスティバル2019」

2019年12月31日(火)大阪府ZeppNamba

※記事初出時、セットリストおよびキャプションの一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

新しいファイル