立ちバックで突かれまくる横浜市人妻セフレ

横浜市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
40代後半の綺麗系。
40代という年齢からはちょっと想像できない抱き心地抜群なカラダです。
回転寿司をご馳走した後、

横浜市のいつも行くラブホテルに行った時、

思わず抱きしめたくなるその瞳にやられてしまいそうです♪
程よい肉感と肌質のエロ尻も魅力でフェチも濃厚!!
念入りに乳首を攻めるだけでアソコがヌレヌレ!!
吐息や声が大きくなり、腰の振り方も激しくなります!
舌で敏感な所をつつくとすでにヌルッとする感触!!
キス、可愛い乳首、秘境を手と口で愛撫。

日産、業績を下方修正 ゴーン前会長事件によるブランドイメージ低下も

 日産自動車は24日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終(当期)利益が従来の4100億円から3190億円になると発表した。主力の米国市場の苦戦に加え、カルロス・ゴーン前会長の会社法違反(特別背任)事件によるブランドイメージの低下も響いたと説明した。【東京地検特捜部が描く事件の構図】 19年3月期の業績予想の下方修正は、最終利益を5000億円から引き下げた2月に続いて2度目。最終利益は18年3月期実績(7468億円)に比べて約57%の大幅減益となる。本業のもうけを示す営業利益は、4500億円から3180億円に引き下げた。

 米国では販売不振に加え、利用者の要望を受けて一部車種の変速機の保証期間を延長する費用を計上した。日本ではゴーン前会長の事件の影響として「新しく日産の車を買おうとする人がなかなか少ない」(幹部)という。

 18年度(19年3月期)の世界販売台数の見通しは、従来の560万台から551万台に引き下げた。米国で0.8%、日本で2.3%引き下げるなど主力市場での苦戦が業績に響いた格好だ。

 19年3月期連結決算は5月14日に発表する。西川広人社長が記者会見して、決算の詳細な内容や19年度の生産・販売計画などについて説明する見通しだ。

 日産はゴーン前会長が推し進めた規模拡大路線からの転換など経営の見直しを進めており、23日には最高執行責任者(COO)ポストの復活など経営改革のための体制変更を発表した。ただ、連合を組む仏自動車大手ルノーが今月、日産に経営統合を求めるなど懸念材料を抱えたままだ。日産が狙い通りに業績を向上させられるかは不透明な状況だ。【松本尚也】

新しいファイル