石巻市の人妻セフレは、Hな事が大好き

石巻市で待ち合わせをする僕の人妻セフレは、
30代後半のカワイイ系。
脱いだら凄い抜群ボディと綺麗な顔立ちです。
ミスタードーナツでドーナツを食べた後、

石巻市のホテルに入った時、

思わず抱きしめたくなるその瞳にやられてしまいそうです♪
顔を近づけて、気持ちいい?と聞いてきます。
フェラ大好きと淫語連発。
チュチュっとしたソフトなキスから、だんだん舌と舌が絡み合う濃厚キスへ・・・・
可愛い乳首を舌で転がすと、可愛くHな声をあげて体をくねらすセフレ。
立った息子をつかまれ、騎乗位で果てました。

石巻の茶葉 国産紅茶、新たな看板商品 G20夕食会で提供「報われた」

 平成23年3月の東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市。漁業のイメージが強い同市の一角には茶畑が広がる。

 同市で昭和47年に創業した「お茶のあさひ園」は、地元産の「桃生(ものう)茶」を使った和紅茶を開発。国内北限の茶畑で採れた茶葉を使った東北初の国産紅茶「kitaha」を平成29年9月から販売をスタートさせ、新たな看板商品となっている。

 震災を経て生まれた「kitaha」。その陰には、新たな商品に復興への思いを託す親子の姿があった。

                 ■ ■ ■ 

 お茶のあさひ園は、地元で数百年前から生産が続く桃生茶を栽培。社長の日野雅晴さん(63)が経営を切り盛りしてきた。

 しかし、震災直後は津波で店舗1階が浸水。営業を継続できなくなった。次女の朱夏(あやか)さん(27)は後ろ髪を引かれながらも都内の短大に進学した。いつか店を継ぎたい思いはあったが、雅晴さんからは「畑違いの業界を見てこないと継がせない」と告げられた。

 震災から3年後に店舗は再建。朱夏さんは短大卒業後、出版社で本の企画などに携わったが、29年5月に石巻へ再び戻った。「父は365日働いていて、旅行も行けなかった。自分の力で楽にしてあげたい」。そんな思いも帰郷のきっかけだった。

 雅晴さんも新たな挑戦に乗り出した。若い世代に親しまれるような商品を作ろうと、朱夏さんらとともに開発したのが「kitaha」だった。緑茶のような甘みが特徴で、名前は北国で力強く育った茶葉をイメージした。

 現在は摘み取った茶葉を静岡市の生産者に委託して発酵させ、再び石巻市に運んでいる。茶葉の鮮度を保つのに苦労するというが、「工場を宮城に造り、摘み取りから製造、パッケージングまでやりたい」と話す雅晴さんの表情は明るい。

                 ■ ■ ■ 

 今年6月。多賀城市から来店した夫婦が雅晴さんに対し、同月に大阪市で開催された20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)のことを口にした。

 「G20の夕食会で出た紅茶はこれですか」

 雅晴さんは一瞬耳を疑ったが、夫婦に確認すると、公表された夕食会のメニューには確かに「kitaha」の名前が載っていた。

 調べたところ、G20の1カ月前、夕食会の飲料監修担当だった日本ソムリエ協会会長の田崎真也氏が関係者を通じ「kitaha」を5パック発注していたことが判明。ただ、G20の夕食会で提供されていたことは、雅晴さんも朱夏さんも知らなかったという。

 朱夏さんはその後に連絡が取れた田崎氏から「『被災地枠』ではなく、味と香りで選びました」と告げられた。「石巻のもので石巻を元気にしたいと思ってやってきた。報われた気持ちだった」。朱夏さんは当時の心境を振り返る。雅晴さんもまた、「つらい体験をしたからこそ、未来に向けて頑張らなきゃ」と力を込める。

 日本茶アドバイザーの資格を取得した朱夏さんは現在、全国各地へ営業に飛び回る多忙な日々を過ごす。北限の茶葉に託すのは、家業の未来だけではない。朱夏さんは言う。

 「身近な家族を笑顔にしていきたい。石巻ってこんなに素敵なところなんですよって伝えたいんです」

新しいファイル