激しい手つきでかき回すと、身体はもうビックンビクンの加須市の人妻セフレ

30代後半の綺麗系。
とっても健康的なフレッシュ感あふれるキレカワ系セフレです。
海に行ってドライブをした後、

加須市のラブホに入った時、

非常にキュートで元気がいっぱいなまるで恋人と一緒にいるような淡い時間でした。
甘えん坊の表情から本気モードに切り替わった淫らな人妻!!
セフレの息が荒くなります。
騎上位も大きく足を開いて見せつけるようなエロいポーズに大興奮!
相手が上に乗り腰を振り始めます。。
最後は女の子の顔を見ながら発射!!

加須産米・山田錦で造った地酒「加須の舞」発売へ 釜屋、令和元年5月3日から 新時代の幕開け飾る

 埼玉県加須市産の酒造好適米「山田錦」を使った純米大吟醸「加須の舞」の完成発表が19日、同市騎西の酒造会社「釜屋」で行われた。発売は令和元年5月3日からで、新しい「加須の舞」も新時代の幕開けを飾る。同市産の山田錦で純米大吟醸が製造されたのは初めてという。加須の酒造会社「釜屋」が新酒試飲会 純米吟醸「加須の舞」の搾りたてに参加者ら満足 フレッシュで爽やか 加須産の酒米で地酒を造ろうと2014年、市内の米農家や酒販店、酒蔵が協力して「加須市の酒米と地酒協議会」を結成。「加須市酒米生産者協議会」が市内で試行錯誤しながら酒米の「五百万石」「山田錦」「さけ武蔵」の生産を手掛けてきた。

 地酒協議会事務局の吉村修二さん(61)によると、初年度は五百万石で純米吟醸を製造し、2年目には純米吟醸に加えて、さけ武蔵で特別純米酒を製造。今回、酒米の最高峰といわれる山田錦で純米大吟醸を完成させたという。

 今月3日に関東農政局から「埼玉県産山田錦」と認定され、新ラベルの「加須の舞」に産地名が入れられた。釜屋の小森順一社長(39)は「今年は加須市の合併10周年なので、10周年記念限定のパッケージと2種類にした。念願だった地元産の山田錦で純米大吟醸を造ることができて、うれしい」と感謝した。

 生産者協議会の篠塚敏雄会長(76)によると、昨年までは、五百万石と山田錦、さけ武蔵の酒米3種類を約3ヘクタールで栽培したが、今年は一気に山田錦を約5ヘクタール、五百万石を約4ヘクタールで栽培する計画を立てている。「加須市産の山田錦を広めたい」と意欲的に話す。

 大橋良一市長は「加須の舞の完成を喜んでいる。かぞブランドとして全国に発信したい」と、にっこり。関東信越国税局酒類業調整官の竹野健一さん(53)は「農工商一体となった地産地消の酒造りは業界を盛り上げてくれる」とたたえた。

 加須の舞(720ミリリットル瓶入り)は2300円(税別)。問い合わせは、加須市の酒米と地酒協議会事務局(ばっかす内電話0480・62・0003)へ。

新しいファイル