松原市の綺麗なおっぱいFカップの人妻セフレと最後までしちゃいました

松原市で待ち合わせをする僕の人妻セフレは、
40代後半のカワイイ系。
スタイルも、ルックスも文句なしの女の子です。
一緒にアダルトなおもちゃを買った後、

松原市のホテルに行った時、

マンコなんかちょっと触ったらドログチャに濡れちゃうんです。
甘えん坊の表情から本気モードに切り替わった淫らな人妻!!
愛嬌溢れる豊かな表情と優しい大人の女性らしい雰囲気、そして濃厚で丁寧な愛情たっぷりのフェラは忘れられません。
フェラもジュボジュボと音を立てて濃厚。
濃厚なキス&ハグとお互いの体を舐め合いを何度も繰り返しました。
セフレの反応に堪らなくなり、ここでコンドームをつけて、対面騎乗位、騎乗位、正常位と体位を変えて、最後は正常位で発射。

鉛筆削りの国内シェア8割を占める大阪の企業 『ペンシルフレークアート』で伝える「Made In Japan」が世界で絶賛

大阪府松原市にある会社「中島重久堂」。ここで作っているのは鉛筆削りで、国内で販売されている8割の生産をになっています。その社長とイラストレーターの娘さん2人がタッグを組み、世界各国のバイヤーさんから絶賛されている『ペンシルフレークアート』が生み出されました。

西靖アナウンサーが訪れたのは、大阪府松原市で小型の鉛筆削りを製造する「中島重久堂」。社長の中島潤也さん(50)と長女のミドリさん(29)が出迎えてくれました。

1933年創業の中島重久堂は従業員17人の小さな会社。大手文具メーカーから委託を受けて、鉛筆削りの刃の部分から土台まで全てをここで作っています。生産個数は年間約600万個。国内で売っている鉛筆削りの8割を生産しているといいます。

「1つの工場ですべての工程を管理しないと、品質の良さは出てこないと思います」(中島重久堂 中島潤也社長)

とはいえ、少子化が進む日本では、鉛筆削りの市場規模は年々小さくなるばかり。欧米やアジアの国々など、海外に打って出る必要に迫られていました。

「商品の良さはわかると。だけどその商品を『どう伝えることをしているんですか?』と、ジェトロ(日本貿易振興機構)のアドバイザーの方から言われた。いい商品が売れるのは過去の話なんですよ」(中島潤也社長)

そこで中島さんは、イラスレーターである娘のミドリさんに相談。すると、こんなものができあがりました。

(ミドリさん)「どなたかわかりますでしょうか?」

(西アナ)「りんごの会社を作った人ですか?」

(ミドリさん)「そうです。スティーブ・ジョブズです」

ミドリさんが注目したのは鉛筆削りそのものではなく、なんと「削りカス」。一枚一枚、表情の違う削りカスを貼り絵のようにして似顔絵を作りました。これまで捨てるだけだったものを全く新しい画材に再生させたのです。

(中島社長)「鉛筆の『削りカス』です。ですが、これは『ペンシルフレーク』やと」

(西アナ)「命名された?」

(中島社長)「そうです」

桜を色鉛筆のペンシルフレークで描いたものは…鉛筆の木目が花びらの筋に見えたり、軸の色が輪郭になったり、表情豊かなものに仕上がりました。

(西アナ)「桜の真ん中は?」

(ミドリさん)「ペンシルパウダー」

(中島社長)「芯のカスじゃない。『ペンシルパウダー』」

(西アナ)「これも命名したんですか?」

(中島社長)「そうです」

新しいファイル