昼間限定宝塚市人妻セフレ

宝塚市の近くに住んでいる人妻セフレは、
20代前半のカワイイ系。
可愛すぎちゃう萌えキュンなルックス。現役女子大生の女の子ですっ!!大きな瞳、スレンダーな手足に自慢の素敵のくびれた腰つきと魅力が満載!!
ユニクロで服を買った後、

宝塚市でご飯を食べて、ラブホテルに行った時、

エッチが進むと、全身が性感帯に変わるくらい感じやすくなります。
ベッドに腰掛けるとセフレが寄り添ってくれます。
電マで責めた時にはイク!イク!イク!の連続!!
指をいれてGスポットを刺激するとだんだんと濡れてきて、ビチョビチョになっちゃいました。
吐息や声が大きくなり、腰の振り方も激しくなります!
クンニしてると、とても濡れてくれて嬉しかったです(^-^)

広島D1・小園、前田智以来の天才打!高卒野手ルーキー初打席初安打

 (セ・パ交流戦、広島7x-6ロッテ、3回戦、ロッテ2勝1敗、20日、マツダ)会沢の打球が左前に弾む。サヨナラの瞬間、広島のドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園高)は顔をくしゃくしゃにして、グラウンドに飛び出した。不振の田中広に代わり「1番・遊撃」でプロ初出場初先発。鮮烈デビューに加え、勝てたことがすべてだった。

 「真っ赤に染まったたくさんのファンがいる前でプレーすることができて良かったです。初打席でヒットを打つことができて、うれしい」

 一回先頭。ロッテ・種市と対峙した。空振り、ファウルであっさり追い込まれたが、3球目のフォークを左前へ。一塁へ到達すると地鳴りのような歓声が沸き起こった。

 球団の高卒新人野手の初打席初安打は1990年の前田智徳以来29年ぶり。その後、捕逸と菊池涼の犠打で三塁まで進むと、西川の右中間三塁打で先制のホームを踏み、プロ初得点もマーク。前日のコーチ会議で「新しい風を吹かせて欲しい」と1軍昇格をプッシュした緒方監督は「初打席でヒットが出るのは持ってるな」と目を細めた。

 開幕1軍をつかんだが、出場を果たせぬまま、3月31日に抹消された。ウエスタンでは47試合に出場し、打率・189、4本塁打、14打点。初のプロ生活を支えてくれたのが愛犬だった。

 黒のトイプードルのカープくん。小園が広島入団決定後、家族がペットショップに行き、ドラフトと同じ18年10月25日生まれの雄の犬にひと目ぼれ。広島と兵庫・宝塚市の実家とは離れているが、家族を介し、近況を聞くのが日課だった。

 実家暮らしだった報徳学園高時代には母・こずえさんから朝と夜の食事に加え、毎朝おにぎりを作ってもらって体を70キロ台から80キロ台まで大きくした。感謝の思いをバットに込めて、見事に「H」マークを灯した。

 「(記念球は)返ってきました。実家に贈ります」。連敗を2でストップして、首位巨人とのゲーム差は0・5のまま。18歳が右肩下がりの鯉に闘魂注入した。

新しいファイル