明るく気配りの出来る性格に親しみやすさを感じる素敵な山口市の人妻セフレ

山口市在住の人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
礼儀正しく、穏やかな口調です。
アダルトSHOPでローターを買った後、

山口市の綺麗なラブホテルに行った時、

CAのコスプレが最高に似合うデリヘル嬢をセフレにした。
クンニをしてるといい感じに濡れてきたのでまずは指入れ。
ルックスからは想像もつきませんがM女でクリトリスが感じすぎるとのことでした!
お互い攻めて攻められて最後は正常位で発射です。

とうとう我慢が出来なくなり、少々攻守交代させて貰う。

山口県きき酒競技会、女性が初の中国大会代表権

 県きき酒競技会が21日、山口市小郡上郷の県酒造組合事務所で開かれ、県内の12酒蔵で酒造りに携わる26人が、鑑評力を競った。中国5県きき酒大会の県代表選考会を兼ねており、永山本家酒造場(宇部市二俣瀬)の山中由紀子さん(28)ら女性2人を含む4人が出場権を獲得した。

 

 競技は、銘柄を当てるのではなく、ちょこに入った15種の酒に出来の良さで順位を付け、ちょこを並べ替えての2度目の利き酒の評価順と、いかにぶれが少ないかを競った。女性参加者は7人で大会史上最多。女性の県代表が出るのは今回が初めてとなった。

 

 利き酒には県内産の純米酒を使用。参加者たちは、においをかいだり、口に含んだりして香りや味のバランスなどの特徴を押さえながら慎重に評価。10分間の休憩を挟んで2度目に挑戦した。山城屋酒造(山口市)専務の宮崎朋香さん(46)は「初参加させてもらったが、難しかった。もっと深くお酒の勉強をしたい」と話していた。

 

 優勝者は昨年の中国大会で個人の部を制覇している酒井酒造(岩国市)の藤本俊さん(30)。県大会では春秋通算3連覇となった。永山本家酒造場に事務員として勤務して3年という山中さんは、初参加ながら女性最高順位で代表権を手中にした。同酒造場からは、昨秋の県きき酒大会で入賞し、既に中国大会への出場権を獲得済みの山本秀憲さん(30)が、今大会でも準優勝した。

 

 8月21日に山口市で開かれる中国大会には、昨秋の入賞者3人を含め7人が県代表として出場する。山中さんは「酒蔵の先輩たちに利き酒を教えてもらった。県内開催の中国大会となるだけにプレッシャーはあるが、頑張りたい」と話していた。

 

 県大会は県内酒蔵の醸造技術の向上に欠かせない若手醸造者らの利き酒能力の底上げが目的。主催は同組合。

新しいファイル