掛川市人妻セフレが少し年いってたけど、テクが凄くて3回しちゃった

掛川市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
20代後半の綺麗系。
歳は20代前半でOLにいそうな感じです。
近くの本屋に寄った後、

掛川市のよく行くラブホに行った時、

むしゃぶりつきたくなるようなセクシーな色気
「はぁっ、もうダメ!感じちゃって声が・・・ウグッ、あぁイイィ~っ!」と言ってくれた。
アソコはもちろん全身敏感で、すぐに濡れてしまいました。
興奮MAXになってきたので舌と指で怒濤の攻めを開始!
リズミカルな動きと献身的な態度にあえなく発射。
クリを刺激し足ががくがく震えてよがってくれています。

掛川・粟ケ岳山頂に世界農業遺産の「展望テラス」

 静岡県掛川市が観光名所の粟ケ岳(532メートル)山頂に建設した新しい休憩施設「粟ケ岳世界農業遺産茶草場テラス」が完成し27日、地元民らを招いて内覧会が開かれた。30日に完成式典があり一般公開される。

 「茶草場」はススキなどを刈り取り茶畑の肥料とする掛川市などで行われている伝統的な農法で、2013年に国連食糧農業機関の世界農業遺産に認定された。施設は木造2階建て(延べ床面積約260平方メートル)で、食事スペースや茶草場農法が学べる多目的ホールなどがある。壁面の大型画面に茶摘みの様子などが映し出される。

 建物両端が円すい形の2本の塔という特徴ある外観。茶草場農法で使う「かっぽし」と呼ばれる、刈った草を束ねて干した様子をイメージしたという。内装は地元産木材を多用し、自然との融合感を出した。総事業費は約1億5800万円。

 各階のテラスからは眼下に茶草場農法を守る茶畑が、視界が良ければかなたに世界文化遺産の富士山と、二つの「世界遺産」が同時に楽しめる。また南アルプスや駿河湾、伊豆半島なども望める。

 施設運営を任されている「茶文字の里 東山」の田中鉄男代表取締役は「茶そばや葛(くず)うどんなど、地場産品を生かしたメニューを用意した。素晴らしい景観と一緒に味わってほしい」と呼び掛けている。【舟津進】

新しいファイル