必死にオナニーしてよがる仙台市の美尻な人妻セフレ

仙台市に住んでいる人妻セフレは、
30代後半のカワイイ系。
長い手足にとっても綺麗な顔立ち
アダルトSHOPでガーターベルトを買った後、

仙台市でご飯を食べて、ラブホテルに行った時、

「こんな子とHしたらどんなになるのかな」って。
なんて言うか本当恋人感覚で、下先を使うフェラでビンビンに!これはたまらん!
ピンク色の乳首に押し当てながら、クンニです。
あまり味わった事のない舌使い。
僕が気持ちよさそうにしてると『気持ちいいの?』なんて可愛い顔をして上目遣いで聞いてきました。
騎上位、正常位、バックと行き大量放出。

JR東日本東北 若い力で停滞から脱しドームへ

 第90回都市対抗野球大会の東北2次予選は4日、青森県弘前市のはるか夢球場などで行われ、第1代表決定戦ではJR東日本東北(仙台市)が6―3できらやか銀行(山形市)を破り、4年ぶり26回目の本大会出場を決めた。

 若い力が躍動したJR東日本東北が、代表決定戦にすら進めなかった過去3年の停滞から鮮やかに脱した。

 1点リードの七回。マウンドに新人右腕の山田(敬愛大)が立った。伸びのある直球を主体に押し、3回を無安打で封じた。最後を空振り三振で締めると歓喜の輪に埋もれた。

 この日、投手は2年目の加藤、新人の桜糀(中部学院大)、山田とつないだ。西村監督の「若い投手に緊迫した試合を経験させたい」という決断からだ。期待に応えた山田は「自分の力がしっかり出せた。ドームが楽しみ」と自信を深めた。準決勝で好投し、この日はブルペンでの準備だけで終えた29歳のエース西村も「大事な試合でも自分が投げない、今までと違う勝ち方ができた」と喜んだ。

 攻撃でも新人の1番・菅野(駒大)らが好調だった。若手がのびのびプレーし、要所では東京ドーム経験者が空気を引き締めるバランスの良さが、今年のJR東日本東北の強さだ。2次予選3連勝の勢いに乗り、全員で「本大会で優勝」を目指す。【石井朗生】

新しいファイル