小田原市人妻セフレがあまりにも気持ち良すぎて噴いちゃった!!

小田原市在住の僕の人妻セフレは、
20代後半のカワイイ系。
衝撃の美脚OLさん。
アダルトSHOPでセクシー下着を買った後、

小田原市のラブホに入った時、

キスしようと唇を近づけると、唇を重ねてきた。それがすごいHなキス。
ボン!キュキュ!ボン!胸からのウエストラインは見事なものです。
お互い向き合いながら服を脱ぎ始める。
これが絶品!まさにまったりフェラ。
クンニしてると、とても濡れてくれて嬉しかったです(^-^)
セクシーな反応と女性らしい甘い匂いに夢中で吸いつきます。

次代への模索 コンコルディアFG(上) 実店舗が経営の重し

 「デジタルの力や環境変化を踏まえ、顧客目線でメスを入れていく」「店舗は事務拠点から相談拠点に替えていく」

 横浜銀行の大矢恭好頭取が14日説明した、コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)の2021年度までの新たな中期経営計画(中計)の狙いだ。

 銀行各行は低金利の長期化による収益減に対応するため、デジタル技術で省力化したミニ店舗や相談特化型店舗への置き換えを急いでいる。コンコルディアFGも今回の中計で来店客の少ない支店を中心に店舗機能の見直しに踏み込み、横浜銀では今後5年間で全207店舗(19年3月現在)の約2割に当たる47店舗でスリム化を図る。

 まず6月から一部店舗で窓口業務の昼休みを導入するほか、近隣の支店同士の統合やミニ店舗への移行などを行い、横浜銀だけで年間当たり約20億円の店舗維持費用を削減する考えだ。ミニ店舗は10店舗で、有人窓口の代わりにテレビ電話を通じた相談窓口の導入を計画している。

 横浜銀と東日本銀行の経営統合を弾みに、費用を抑えながら積極的に出店する姿勢を打ち出した前の中計と大きく異なる今回の方針。この3年間で金融機関の経営環境が激変し、店舗機能の再考を迫られた。インターネットバンキングの契約者数が増えた半面、来店客が少なく利益を生み出せなくなった実店舗が、経営の重しになってきたのだ。

 きめ細かい店舗網は地域金融機関の最大の強み。横浜銀が6月から窓口業務の昼休みを導入する山北支店(山北町)や下曽我支店(小田原市)の周りでは受け止めが交錯する。山北町商工会関係者の男性(63)は「銀行経営の厳しい時代。まったく驚きもしない」と冷静だ。一方、下曽我支店近くの食料品店の女性店員(68)は「買い物客から『困ったね』との声が聞こえる」と話す。

 ■□■

 コンコルディアFGは今回、デジタル技術で省力化し、両行の支店や事務センターの業務量を計800人分減らす計画を立てた。その先に見据えるのは、店舗のメイン機能を資産運用や住宅ローンなどの相談業務に注力する「情報拠点」への進化だ。

 具体的には、窓口での口座開設や振り込みなどの主要な手続きに使っていた申込書などの代わりにタブレットを使う「ペーパーレス化」や、両替や大量の入出金に対応するセルフ出納機の設置、事務作業を自動処理し効率化を図るソフトウエア型ロボットの導入などを想定。こうした業務改革により、店舗内の事務スペースを相談スペースに転用したり、人員を営業力の強化に振り向けられたりすると説明する。

 さらに、新たな事業領域への戦略的投資として、3年間で500億円を投じる。前回中計では金額を公表しておらず対比はできないが「これまでよりもかなり積極的な金額」(川村健一コンコルディアFG社長)という。その中身は預金や融資、為替といった従来の中核業務の拡充に加え、IT企業などとのさらなる連携も念頭に置く。いわば構造転換のための費用だ。

 横浜銀は本業のもうけを示す実質業務純益が16年度に1千億円台を割り込んで以来、この水準を回復できていない。コンコルディアFGが新中計で示した、両行合算の3年後の実質業務純益の目標も18年度比約13%増の870億円にとどまる。川村社長は言う。「これまでのように右肩上がりの中計ではない。苦しい中だが、我慢の3年間だ」

 横浜銀と東日本銀を傘下に置くコンコルディアFGが発足して3年がたった。横浜銀では生え抜きの頭取がかじ取りを担い地域の実情に合った営業戦略を展開するも、低金利環境の厳しさに直面。東日本銀では不祥事が発覚し経営の立て直しを急ぐなど、模索が続く。今月新たに公表した3年間の中期経営計画の中身から、統合効果を発揮するための戦略と地域で果たすべき役割を考える。

新しいファイル