姫路市の人妻セフレは、ハイクオリティーな顔立ち

姫路市在住の人妻セフレは、
30代前半の綺麗系。
誰もが視線を奪われてしまうクールな美女。
アダルトSHOPでセクシー下着を買った後、

姫路市のよく行くラブホに行った時、

ルックスは色白でとても可愛らしく華奢な身体つきが男心をクスグリます。
雑談してるうちに徐々に思い出し、話が盛り上がる。
エッチが進むと、全身が性感帯に変わるくらい感じやすくなります。
フェラもすごい丁寧で良かったです。
フェラも焦らし焦らしゆっくりとしてくれます。
ロリロリですがかなりエロくてムスコはビンビンです。

過去最多、兵庫の高校生ボランティア 支援充実で1400人超

 2011年3月の東日本大震災後、国内外の災害被災地でボランティア活動に参加した兵庫県立高校生が18年度、初めて千人を超え、延べ1432人に上ることが県教育委員会のまとめで分かった。11年度は被災建物の清掃など復旧作業が中心だったが、現在は高齢者が暮らす仮設住宅の訪問や現地の同世代との交流に取り組んでいる。阪神・淡路大震災の経験がない高校生が東北などを見て学び、次への備えにつなげる動きが定着しつつある。(井上 駿)【グラフ】災害ボランティア参加人数 「何か困っていることはありますか」。兵庫県佐用町にある佐用高校の生徒が昨年7月、宮城県石巻市にある仮設追波(おっぱ)川多目的団地を1軒ずつ訪ねて回った。団地内に花壇を造成し、同市立大川小学校の校舎など震災遺構を見学したり、東北の高校生と震災復興について語り合ったりした。

 09年の兵庫県西・北部豪雨を経験した同高では11年から石巻市への支援を続けている。江原康太郎教諭は「人の命が失われた場所に入った瞬間、生徒の顔が変わる。現場を見ることで、震災を“わがこと”として捉えられるようになる」と生徒の成長を感じている。

 全国初の防災専門学科として発足した舞子高校(神戸市垂水区)の環境防災科は、今年3月10、11日に宮城県東松島市を訪れ、現地の語り部らとのワークショップに参加した。同校の桝田順子教諭は「震災を語ることに戸惑いがあった生徒が、東北の被災者に『経験を生かしてほしい』と背中を押され、伝える活動に取り組み始めた」と話す。

 ボランティア参加数は県教委が学校を通じて被災地入りした生徒を集計した。18年度は県立高校146校のうち、56校が災害ボランティアに従事し、うち35校が東北に、13校が熊本、26校が岡山県など西日本豪雨の被災地に入った。こうした背景には、ボランティア支援の充実もある。

 県立高校の大半は、ひょうごボランタリープラザ(神戸市中央区)が、移動に使うバスの経費を助成する制度を活用していた。神戸マラソン実行委員会も被災地支援を行う団体の活動費を助成。兵庫県へのふるさと納税で、被災地支援をする若者を応援する制度も設けられている。

 県教委によると、11年度から東北を訪れている学校が多く、震災学習のため修学旅行先に東北を選んだ高校もあったという。担当者は「生徒に継続的に東北を訪れてもらい、ともに学ぶ姿勢を持ち続けたい」としている。

新しいファイル