夫のいない間に京都市人妻セフレと五花街へお散歩

京都市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
30代後半のカワイイ系。
特筆すべきは全ての男性を虜にしてしまうような優しさと気配り。その麗しき瞳と吸いこまれそうな熱い眼差しはまるで心の中を見透かされてしまいそうな錯覚に陥ります。
スタバでコーヒー行った後、

京都市のよく行くラブホテルに行った時、

念入りに乳首を攻めるだけでアソコがヌレヌレ!!
喘ぎ声を我慢して悶える感じが可愛いです。
「一緒にお風呂入ろ!」と誘われた。
色っぽく動くセフレを指と舌で攻め続け何度も何度も喘ぐ声が大きくなり、たくさんシーツを濡らしてしまいました。
興奮MAXになってきたので舌と指で怒濤の攻めを開始!
69でお互いを刺激してから、正常位で発射です。

五花街の舞妓が公演前に初稽古=京都市〔地域〕

 京都・五花街の芸舞妓(げいまいこ)が一堂に会する合同公演「都の賑(にぎわ)い」を前に、出演する舞妓らによる初稽古が13日、京都市東山区の宮川町歌舞練場で行われた。人間国宝で、京舞井上流五世家元の井上八千代さんらの指導の下、舞妓たちが華やかに舞いながら、振り付けや立ち位置などを確かめた。

 舞妓は、公演のフィナーレを飾る「舞妓の賑い」に出演。五花街の舞妓がそれぞれの流派の振り付けで舞うのが特徴で、人気を博している。初稽古には、祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の各花街から4人ずつ計20人の舞妓が参加し、披露する演目「祇園小唄」を練習した。

 公演は今月29、30日の午前11時からと午後2時半からの計4回、耐震工事を終え昨年11月に再オープンした同区の南座で4年ぶりに行われる。南座開場記念として、1公演50個限定で「舞妓饅頭(まんじゅう)」も販売される。 

新しいファイル