大津市 セフレ スタイル抜群の熟女

20代後半の綺麗系。
穏やかな性格美人の淑やかさの中に秘めたる淫らな激しい性癖と完熟女性の包容力で至福の快感に誘います。
海に行ってドライブをした後、

ちょっと乳首を触っただけで息づかいが変わり責めれば責めるだけ感じるんです。
キスしながら女の子の体をまさぐってみます。
喘ぎ声を我慢して悶える感じが可愛いです。
ジュルジュルっとフェラをされる。
興奮MAXになってきたので舌と指で怒濤の攻めを開始!
これも凄い!もう好きにしてという感じになりました。

府立医大病院など診断書発行手数料値上げへ 消費増税で京都府

 京都府は5日、10月1日の消費税率10%への増税に合わせ、公共施設やサービスの料金を引き上げる方針を発表した。文化施設や自然公園などの使用料、医療機関の診断書の発行手数料などが一律2%値上げされる。増額分の収入は年間で総額約3千万円を見込む。

 府が管轄する施設の利用料、宿泊料、サービス手数料が対象となる。料金改定は10円単位で行う。府立植物園入園料など増税分が10円未満となる場合は改定の対象から外した。

 対象となる主な施設は、京都市内が堂本印象美術館(北区)や府民ホール・アルティ(上京区)、府立体育館(北区)など。府域では、山城総合運動公園(宇治市)や丹波自然運動公園(京丹波町)、青少年海洋センター(宮津市)の利用料や宿泊料も改定する。

 手数料関連では、府立医科大付属病院(上京区)や舞鶴こども療育センター(舞鶴市)、洛南病院(宇治市)など府の医療機関が交付する各種診断書の発行手数料を値上げする。野外広告物の設置や建築、事業所の営業に伴う各種許認可の手数料も見直す。

 府は同日、使用料や手数料の改定に関連する47議案のほか、101億700万円を追加する2019年度補正予算案など計59議案を発表した。大津市で保育園児らが死傷した交通事故を受け、子どもの安全対策を盛り込んだ。12日に開会する府議会6月定例会に提案する。

新しいファイル