大宮市人妻セフレはいろんなプレイができる予感!!

40代前半のカワイイ系。
気配り上手な優しい性格の彼女と一緒にいるだけで、まるで恋人の様な気持ちになってしまいます。
一緒にアダルトなおもちゃを買った後、

大宮市のラブホに入った時、

バストからウエスト・・・ウエストからヒップラインへとソフトに手で愛撫しました。
オッパイの大きさ、腰のくびれ、お尻の大きさ!最高でした。
愛嬌溢れる豊かな表情と優しい大人の女性らしい雰囲気、そして濃厚で丁寧な愛情たっぷりのフェラは忘れられません。
フェラは口に含んでズボズボ舐めてくれます。
ホント汗だくになりながら腰を振って発射!!
我が愚息も我慢の限界になり気持ち良くたっぷり放出^^。

恐怖!「たいへんなことになりますよ…」不気味な看板に包まれた謎

今回は、番組で取材を敢行した「埼玉の生態調査」を紹介する。

埼玉県の南東部に位置する『さいたま市』。東京のベッドタウンでもあるさいたま市は、今から18年前の2001年5月、浦和市、大宮市、与野市が合併し、その後2005年に岩槻市も編入。人口130万人という日本有数の大都市になった。

そんなさいたま市の生態調査を実施。永遠にゴールしなさそうな「大宮VS浦和」のライバル闘争も気になるが、今回はさいたま市緑区(旧・浦和市緑区)で遭遇した「不気味な看板」についてお届けする。

「不気味な看板」っていったい…と気になり、やって来たのはさいたま市・緑区の現場。

なんとそこには、「たいへんなことになりますよ!!」と書かれた謎の看板が!

その数は一枚のみならず、市内のいたるところにいくつも設置されており、その書体や色も含め、異様な不気味さを放っている。

ここにも…。

こんなところでも…。

いったい何をしたら“たいへんなことになる“のか、看板を見ただけでは不明。はたして、どんな目的でこの看板が立てられているのだろうか。謎の看板を作ったという方を直撃すると…。あっさり「怖くするために作った」との証言が!

実は緑区の一部地域では、長年不法投棄に悩まされており、その対策としてこの看板を掲げるようになったそう。恐怖心をあおるために作られた不気味な看板の効果は絶大であり、不法投棄は激減したとのこと。してはならぬこと(=不法投棄)をすると“たいへんなこと“になる、という意味が込められていたのだ。

※「ありえへん∞世界」より

新しいファイル