大宮市の人妻セフレは、ビジュアルは元キャバ嬢だけあって折り紙つき!

大宮市在住の僕の人妻セフレは、
40代前半の綺麗系。
透明感のある笑顔が印象的で大人と少女が融合した絶妙な雰囲気のセフレです。
アダルトSHOPでAVを買った後、

大宮市のラブホに入った時、

天性のエロセンスと男性の本能を掻き立てるフェロモンは忘れられません。
顔だけじゃなく、感じ方や濡れ方がすごいH。
オッパイの大きさ、腰のくびれ、お尻の大きさ!最高でした。
フェラは口に含んでズボズボ舐めてくれます。
結局騎乗位で撃沈。
相手が上に乗り腰を振り始めます。。

お風呂で「タトゥー禁止」は変わるか? 試行錯誤する温浴施設

タレント・りゅうちぇるさんの公表で改めて注目を集めるタトゥー問題。来年のラグビーW杯、再来年の2020年の東京五輪では、タトゥーを入れた外国人選手や観光客が多数来日することが予想される。日帰り温泉やスーパー銭湯など、長年「タトゥー禁止」を掲げてきた温浴施設も岐路に立たされている。全面OKのお風呂や、条件付き解禁のお風呂など、各店舗の取り組みを探った。【BuzzFeedJapan/神庭亮介】【写真】歴史に見る、カッコよ過ぎるタトゥーの写真26枚

《Q.刺青があるのですが利用できますか?

A.刺青、ファッション・タトゥーがある方もご利用いただけます》

千葉県成田市の日帰り温泉施設「大和の湯」のサイトには、こう記載されている。

5月末、このページのスクリーンショットともに「銭湯は全部こうなればいいんだ!!」と書いた、あるTwitterユーザーの投稿が4万9千回以上リツイートされ、11万を超える「いいね」がついた。

誤解のないように補足すると、街の銭湯は原則的にタトゥーをした人でも受け入れている。「タトゥーお断り」が多いのは、日帰り温泉やスーパー銭湯など、銭湯以外の公衆浴場だ。

タトゥー禁止が目立つ日帰り温泉にあって、「全面OK」の方針をとる大和の湯のスタンスは異例と言える。

先述のQ&Aは、こんな風に続く。

《大和の湯では刺青がある方の入館を特にお断りしてはおりません。以前は刺青をしている方に対しての良くないイメージがありました。しかしここ最近、特に若い人の間でファッション・タトゥーも流行しているように、刺青そのものが問題視される時代ではなくなってきているようです。

また刺青をしていても今ではきちんと良い仕事をして社会に貢献している人もいれば、刺青をしていなくても悪いことをする人も大勢います。「大和の湯」では人を見かけによって判断することはしません。少なくともそのように努力することが、新しい世代に向けて開かれた温泉の姿であると認識しています》

新しいファイル