佐世保市人妻セフレは、才色兼備な帰国子女

佐世保市在住の人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
何度も絶頂を迎えながら次々に「新たな快楽」を求めてきます。
ユニクロで服を買った後、

かなりのドMで激しいセックスを好み性欲もとても旺盛なんです。
上着を脱がしブラを外し、あらわになったおっぱいを舌で攻めてみます。セフレからは可愛い声が漏れ出します。
恥じらいの仕草を醸し出しつつも、エッチな好奇心にはらんらんと目を輝かせています。
対面騎乗位、騎乗位、正常位と体位を変えて、最後は正常位で発射。
セフレの声も大きくなってきて、『イキそう!』とかなりいい感じの反応。
クンニしてると、とても濡れてくれて嬉しかったです(^-^)

長崎県庁騒然 石木ダム反対派200人 6時間の抗議活動

 長崎県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設事業に反対する地権者や市民団体などの約200人が30日、約6時間にわたり県庁内で抗議活動を実施し、庁内は一時騒然となった。家屋を含む土地の明け渡しを地権者に求める県収用委員会の裁決が出た中で、地権者らの不満が爆発した形となった。

 反対派は、強制収用の取り下げを求める中村法道知事宛ての要請書を提出するために長崎県庁を訪れた。午前10時ごろ、1階エントランスホールで「強制収用やめろ」と書かれたプラカードなどを掲げ、「知事以外とは話をしない」「知事を呼べ」と叫んだ。知事の執務室がある4階の秘書課の前に詰め掛け、県職員ともみ合いになる場面もあった。

 知事は出張中で不在。反対派は要請書を副知事に手渡すことを求めたが、副知事は「公務中」を理由に姿を見せなかった。県側は担当課が要請書を預かるとしたが、反対派は納得せず要請書を持ち帰り、午後4時ごろに抗議活動が終了した。

 地権者の岩下和雄さんは「10分空けてくれるだけでいいのに、それもできず私たちの土地を取り上げるのか」と憤慨。地権者で川棚町議の炭谷猛さんは「長崎県政の懸案事項という割に対応がおかしい。知事は自分の仕事に責任を持っているのか」と怒りを示した。

 県側は、担当課が要請書を受け取ることや庁舎内で抗議活動をしないことを、反対派の窓口となっている市民団体のメンバーと事前に確認していたと説明。「大騒ぎになってしまい非常に残念」としている。

新しいファイル