ふじみ野市人妻セフレはエロいことへの好奇心がかなりあるみたい!!

ふじみ野市に住んでいる僕の人妻セフレは、
30代後半のカワイイ系。
キメ細かい美白の美肌…天真爛漫で明るく人懐っこい性格が世の男性を虜にする事間違いありません!!
アダルトSHOPでマイクロビキニを買った後、

ふじみ野市のいつも行くラブホテルに行った時、

まさに完璧。綺麗な肌と形も柔らかさも今だかつて味わったことのないような気持ちにさせる究極のバストでした。
体制をいれかえ69になりました。
下の方を触るとまだまだ潤っています。
いっぱい濡れてくれていたので思わず自分のテクが上手くなったと勘違いしそうです。
ほどなく果てました。
セフレをくまなく攻めて可愛らしい感じ方に大興奮!そのまま正常位で放出。

KDDIやライザップ、英語教育に異業種がチャレンジ…事業見直しも

 訪日外国人の増加などで注目を浴びる英語教育ビジネスで異業種企業のチャレンジが続いている。各社は人工知能(AI)に関する技術を生かした学習システムや、英語学習に不可欠なやる気を維持するための仕掛け作りなど、それぞれの本業で培ったノウハウを強みにしようと奮闘中だ。語学ビジネス産業の市場規模は約8700億円とみられ、来年に迫った東京五輪・パラリンピックや小学校での英語の教科化といった追い風も吹く。ただし新規参入企業の多さは競争の激しさの裏返しでもあり、事業の見直しを余儀なくされるケースも出てきている。

 ■携帯大手も英語

 音の正確さは☆3つ、リズムは☆4つ、イントネーションは☆3つ-。

 コンピューターに接続されたマイクに向かって英語を話すと、AIによる評価が表示される「発音自動評価システム」。英会話教室大手のイーオンが1月から、生徒専用の自宅学習サイトで公開した新機能だ。

 このシステムをイーオンとともに開発したのは携帯電話大手KDDIの子会社KDDI総合研究所。昨年イーオンを買収したKDDIが、イーオンの事業とKDDI総研のAI関連のノウハウをひきあわせる形で誕生したタッグだ。

 システム作りはまずイーオンの教師陣や大学教授らが「正しい英語の発音」の基準を定めるところからスタート。さらにイーオンの生徒やネーティブスピーカーが例文を読み上げた音声データを集め、これらの音声に対するAIによる評価がイーオンの教師陣らによる評価と同水準になるまで性能を磨き上げた。

 KDDI総研の教育・医療ICTグループの米山暁夫グループリーダーは「日本人の発音のクセを踏まえて、どの程度の発音であれば外国人に理解してもらえるかを考慮して評価している」と説明。今後は「英語学習のやる気を維持するための工夫を加えることもKDDI総研としての開発テーマだ」と話す。

 ■減量ジムのノウハウ

 そんなやる気維持のための独自のノウハウを英語教育に生かそうとするのが減量ジムなどを展開するRIZAP(ライザップ)グループだ。ライザップは平成28年7月から「パーソナル英会話ジム」と名付けた英会話教室「RIZAP ENGLISH(ライザップ・イングリッシュ)」を展開。今年1月に9店舗目を東京・新橋に開校した。

 ライザップ・イングリッシュは生徒と担当トレーナーが通勤時間など1日のうちの「スキマ時間」を生かした「シュクダイ」のスケジュールを組むことが特徴。レッスン日以外でも英語学習の継続を徹底することで、TOEICのスコアアップといった成果を上げるという狙いだ。

 やる気を維持して日頃から努力を積み重ねることの重要性は、日々の食事の管理にもこだわる減量ジム事業と同じ。海外への留学や転勤までの数カ月で英語力を上げたいという社会人からの要望も多いといい、ライザップは「結果にコミットするライザップのノウハウでニーズに応えている」(広報)としている。

 ■市場は拡大

 企業活動のグローバル化や訪日外国人客の増加が進む中、日本人にとっての英語の必要性は高まっている。しかし日本人の英語コンプレックスは根強い。TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が日常的に訪日外国人に接客している500人を対象に行った調査では、約8割が接客時の英語に「自信がない」と答えた。

 一方、こうした実情は企業にとってはビジネスチャンスだ。矢野経済研究所によると、29年度の語学ビジネス市場の規模は8666億円で前年度比2%増だった。来年には小学校5、6年生で英語が教科化。大学入試でも「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能試験を導入する流れが出ており、英語教育市場の拡大への期待は大きい。

 「社内での英語の公用語化」を進める楽天も29年4月、総合英語学習サービス「Rakuten Super English」を始め、英語教育事業に本格参入。英単語学習アプリなどを手掛けるほか、今年2月には英語学習を取り入れている塾や学校などでの授業を支援する自社開発ソフトウエアを発表した。

 ただ、楽天が29年10月に東京・自由が丘で開校した子供向けの英語学習教室は「事業の継続性を考慮した結果」(広報)、今年3月に閉校となった。英語教育市場は競争が激化しており、新規参入企業も試行錯誤を重ねながら、収益化の道を探っているようだ。(経済本部 小雲規生)

新しいファイル