つくば市 人妻 セフレ 中山美穂似で激カワ

つくば市に住んでいる僕の人妻セフレは、

ハイクオリティーな清楚系美女に誰もが納得の超ハイレベルな色艶系スレンダー美人です!
アダルトSHOPでローターを買った後、

つくば市のよく行くラブホテルに行った時、

必殺の巨乳を使ったおっぱい&創造性溢れるフェラでした。
両手で収まってしまうのではないかと思わせるくらい細いウエストライン。
フェラ大好きと淫語連発。
尋常じゃないくらい出てしまい少し恥ずかしかったです。
喘ぎ声も頑張ってガマンしていましたが、漏れまくってました。
一心不乱に腰を振っていきました。

下館レイル倶楽部 鉄道模型で憩いの場 筑西

■会員持ち寄る 「運転会」10年へ

市民サークル「下館レイル倶楽部」の鉄道模型を走らせるイベント「定例運転会」が、筑西市内で始まってからもうすぐ10年を迎える。会員約20人が電動の鉄道模型を持ち寄り、毎月第3日曜日にしもだて地域交流センター「アルテリオ」(同市丙)の会場で軌道の上を走らせる。運行される模型は、国鉄時代の郷愁を誘う車両も多い。愛好者だけでなく、地域の子どもたちの目を楽しませる憩いの場ともなっている。

17日の運転会では、約6・6メートルと約4・2メートルの軌道のループがそれぞれ設けられ、鉄道模型約20種が随時運行された。常磐線「特急ひたち」として活躍した485系、東北本線で普通電車として使われた165系など、なじみ深い車両が目に付く。今回は、筑波鉄道筑波線(1987年廃線)で使われたキハ800形の鉄道模型も披露された。

発端は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で出た「鉄道模型を走らせる機会がなく、持ち腐れになっている」という話だったという。筑西市玉戸に住む教員、飯島成彦さん(47)=同倶楽部会長=らが2008年11月に初めて同所で企画。09年5月から月1回開催が定着した。飯島さんは「参加者はSNSを通し、口コミで広がった。ギャラリーも次第に増え『これは一般に見せよう』というふうになった。今は自分たちのためだけでなく、地域の人たち、子どもたちに楽しんでもらいたい」と話している。

時間帯は午前10時~午後4時。入場無料。情報発信は(https://ja-jp.facebook.com/shimodate.rail/)で行われている。

(冨岡良一)

新しいファイル