うるま市の人妻セフレは、甘いプレイ

うるま市在住の僕の人妻セフレは、
20代後半の綺麗系。
端正なルックス!抜群のスタイル!文句の付けようの無いお姉さんです。
アダルトなおもちゃを買った後、

「ア~ン、アン、」と息づかい荒くなり体が軽く痙攣してるように見えました。
膣の奥がポイントでここを上手く責めれば布団は大洪水になるでしょう。
クリを集中的にせめると、あえぎ声が大きくなっていきました。
69でお互いを刺激してから、正常位で発射です。
クンニしてると、とても濡れてくれて嬉しかったです(^-^)
喘ぎ声も頑張ってガマンしていましたが、漏れまくってました。

沖縄・慰霊の日 なぜ若者たちは平和の礎を訪れるのか?

 沖縄戦の組織的戦闘が終わった日とされる「慰霊の日」の23日。沖縄県糸満市の平和祈念公園の「平和の礎(いしじ)」には、沖縄戦で亡くなった人たちの名前を見つめる若い人たちの姿があった。沖縄戦体験者が減り、記憶の継承が課題とされる中、若者たちはなぜ、慰霊の日の平和の礎に訪れたのか。思いを聞いた。 (田吹遥子)慰霊の日ってどんな日? 沖縄県民なら誰もが知っているメモリアルデーには紆余曲折の歴史があった

 午前8時前、宮里知宏さん(17)=那覇市=は礎の前で父・満男さん(50)の話に耳を傾けていた。刻銘板に名前があるのは、満男さんの祖母の両親など6人。伊江島やフィリピンなどで亡くなった。家族4人で来るのは息子たちに親戚の名前があることをちゃんと知ってほしいから。知宏さんは「平和祈念公園は特別な場所」と話す。「沖縄の人だけでなく国外の人も平等に刻銘されている。改めて戦争を起こしてはいけないと感じる」。考えを巡らせながら丁寧に答えた。

 雨脚が強くなる中、祖父母と共に歩いていたのは和宇慶真依さん(19)=うるま市=。雨宿りをしながら話を聞いたら、礎を訪れたのは「小学生ぶり」だという。家にいた真依さんを誘ったのは祖母の惠美子さんだ。惠美子さんの叔父が沖縄戦で犠牲になった。亡くなった場所は分からず、遺骨は帰ってきていない。「私も戦争を知らない。もっと話を聞いておけばよかったと思っている。たくさんの人が亡くなった事実を引き継いでいきたい」と思いを語り、涙をぬぐった。側で聞いていた真依さんは「これからは私たちが伝えていきたいです」と静かに語った。

 資料館に向かって歩く女性たち。名札にはボリビアとアルゼンチンの国旗がある。その中にいた上地メリサさん(22)は、ボリビアから県費留学として琉球大学で学ぶ県系3世。県費留学生をサポートする財団のバスで訪れた。

 「海が見えてきれいな公園だけど、戦争のことを知ると悲しい気持ちになる」。国籍を問わずに刻銘されている礎に「戦争で戦った相手の国まである。それこそが平和の証拠だと思う」と語った。

新しいファイル