水戸市の人妻セフレと水戸市立図書館前で待ち合わせ

水戸市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
ロングヘアーが物凄く似合う綺麗なセフレです。
ファミレスでご飯を食べた後、

水戸市の綺麗なラブホテルに行った時、

こちらはおっぱい触ったり、お尻を触ったりしました。
おっぱいを揉んでいると腰をクネクネして動かし始めます。
「濡れすぎちゃってゴメンナサイ!」と言いながら「もっともっとください」とおねだりしちゃいます!
おしりも綺麗でたまんないです♪
結局騎乗位で撃沈。
騎上位、正常位、バックと行き大量放出。

水戸の旧町名を手軽に検索 図書館で資料をデジタル化・公開

 江戸時代から地域に定着し、昭和に入ってからも長く使われていた水戸市の旧町名に関する資料をインターネットで検索できるようにする作業が現在、市立図書館関係者の手で進められている。旧町名の由来や、現在該当する地域などがひと目で分かる内容で、「市民らが郷土の歴史へ興味を持つきっかけになれば」と担当者は期待する。(三浦馨)

                   ◇

 水戸市内は江戸時代に水戸藩の城下町として発展。以後約300年間、町名はほぼそのまま受け継がれてきたが、昭和40年代から住民や行政の利便性向上を主な目的として住居表示が段階的に改められ、慣れ親しまれてきた町名の多くが地図上から消えた。

 水戸市は昭和57年、旧町名に関する資料をまとめた「水戸の町名」を刊行したがわずか3カ月で売り切れ、同60年に出された改訂版も現在は入手困難だ。このため、同書をインターネットで広く見られるようにする作業を水戸市立東部図書館館長の吉田浩和さん(56)らが中心となり、平成29年から進めてきた。

 資料のデジタル化は市が市内5つの図書館の管理・運営を委託する指定管理者「図書館流通センター」の子会社が担当。現在公開中で、水戸市立図書館のホームページにある「デジタルアーカイブ」のバナーをクリックすれば見られる。

 旧町名は、城下町で武士が多く住んだ上市(うわいち)(JR水戸駅の北西部)で74、町人が多かった下市(駅南東部)で60をリストアップ。例えば上市の鉄砲町を検索すると現在の五軒町1丁目付近に当たり、町名の由来は鉄砲細工職人らが住んでいたためと分かる。

 これらの資料に加え、上市については水戸市が旧町名を後世へ伝えようと廃止後に現地へ建て、現在も見ることのできる表示柱の場所を昭和9年の市の地図の中へ印した。当時の町の区域や周辺の様子がよく分かり、閲覧者はまるで戦前にタイムスリップしたような気分を味わえる。

 表示柱を昔の地図に入れるのを担当した水戸市指定管理者顧問の岡田豊明さん(65)は「苦労したが、私に土地勘があったので何とかなった」と振り返る。表示柱は60年ごろの設置時と最近の写真も見比べられる。下市の戦前の地図や表示柱の写真などは今年度中に公開予定だ。

 吉田さんは「歴史ある水戸の町名を身近に感じるためにもぜひ閲覧を」と呼びかけている。

新しいファイル