岡山市のめっちゃめっちゃ美人な人妻セフレに中出し!

岡山市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
40代後半のカワイイ系。
イチャイチャプレイが大好きな彼女と、恋人みたいなひと時を・・・♪
アダルトなおもちゃを買った後、

岡山市のホテルに入った時、

セフレにスイッチが入るととってもHな女の子に変身しました。
ピンク色の乳首に押し当てながら、クンニです。
セフレが声をだして、もだえてますが、もっと攻めます。
乳首を味わっているとセフレの腰が前後に動きだしました。
クリを刺激し足ががくがく震えてよがってくれています。
チュチュっとしたソフトなキスから、だんだん舌と舌が絡み合う濃厚キスへ・・・・

路線バスに緊急停止スイッチ 運転手急病などで乗客が対応 岡山県内2社が導入

 路線バスの運転手が急病などで運転困難になった際、乗客が非常スイッチを押すと、緊急停止するシステムを搭載した車両が、県内で初めて両備グループ(岡山市)と下津井電鉄(下電バス、同市)に計10台導入された。27日から順次、同市を中心とする路線で運行を始めた。

 26日には下電バスの興除営業所(同市南区曽根)で研修があり、運転手約10人が参加。スイッチが作動すると、「緊急停止、おつかまりください」と日本語と英語のアナウンスが流れ、警報音を鳴らしながらバスはゆっくり止まった。同社は「運転手の健康状態には気を配っているが、ハード面でもカバーできれば安心につながる。利用者に使い方を周知し、万一に備えたい」としている。

 システム搭載は、関越道ツアーバス事故(2012年)や長野県軽井沢町のスキーバス転落事故(16年)などを受け、国が進めてきた再発防止策の一環。昨年以降、観光バスや路線バスに標準装備されるようになった。

新しいファイル